M男には高学歴高収入のエリートが多い。ベッドではMでもデートで割り勘はNG、女性に奢るべき

最近の男性に対して思う事があります。それは「草食系」というよりも、「男女平等」を勘違いしている人が多いという事。私はアパレル系の仕事をしているのですが、よく飲み会があります。そして、出会いがとても多いです。

猛アタックしてきたくせに割り勘デートの男

その中で、連絡先を交換後「猛アタック」をしてくる人達もちらほらいるのですが、そのくせご飯に行くと「割り勘」の人がいるんですよね。はっきり言って、いくら男女平等とはいえ一回目のご飯から割り勘では、二回目のお誘いを行こうと思う事は稀だと思います。本当に狙っている女性には絶対に奢るべきですね。

まず、社会人にはそれなりの出会いがあります。その中で、忙しい中時間を割いたのに「割り勘」する様な男にわざわざ二回目も時間を割くのは面倒です。もちろん、それさえも越える魅力をたった一回のご飯で証明できるのなら別です。女子には「最初から好き」という概念はありません。

割り勘する男は頼りなくて一緒に生活するイメージができない

動物でも、何度も何度もオスがメスに「安心してすごせる居住空間」や「餌を取る能力」を見せつけて、やっとメスは子供を作る事を了承しますよね。それと似た様なものだと思います。最初から割り勘では、心のどこかで守ってくれる強い男ではない、しいては「自分の子供を危険にさらすかもしれない男」として、排除すると思います。そして、逆を言えば猛アタックして誠実さと経済力(もしくは何が何でも守っていく気概がありそう)な所をアピールすれば、大概の女性は落ちると思います。

M男にはエリートが多い

女王様のいるお店に通うM男さんは、意外と高学歴高収入でエリートの人が少なくありません。性癖がMであるのと、実社会でたくましく活躍しているのは、矛盾することではないのです。むしろ、実社会で積極的に頑張っているストレスを、ベッドの上ではM男として受け身になることで解消しているのかもしれません。

男はルックスよりも頼りがいや経済力

男に「ルックスや顔」は関係ありません。イケメンでもフリーターなど論外ですし、同じアパレルのおしゃれな男子達もモテてはいるでしょうが、「本当の結婚相手」としてみている人は少ないのではないかと思います。

つい最近、彼氏ができたのですが、彼は普通のサラリーマンで他の人より特別条件や見た目がいいわけではありません。でも、すぐに実家に連れて行ってくれた事、「将来、何があっても守れる様に」と必死に頑張ってくれてる姿を見ると、こんなに思ってくれてる人の、何か役に立ちたいと思います。女性は決して、楽をしたいと思ってる訳ではなく、完全平等だといってしまう精神に魅力を感じないんです。