なぜM男は乳首舐め手コキされて感じるのか?彼女や奥さんが自分の乳首をたくさん舐めてくれないときの対処法

なぜM男は乳首舐め手コキされて感じるのでしょうか?何を隠そう、私自身も大好きで、生きてて一番気持ちいい瞬間だと思います。

射精する瞬間が原理的には一番気持ちいいはずなのですが、乳首を責められているとき、特に舌で舐められているときは最高で、カラダだけでなく心も気持ちいい感じがします。それに、乳首の気持ちよさは長続きします。女性の快感オーガズムに近いのかもしれません。

その乳首を舐められながら手コキをされるわけですから、「精神」「肉体」両方の快感、「男性的」「女性的」両方の快感でとろけそうになります。この、どっちも気持ちいいというのが乳首舐め手コキの醍醐味ではないでしょうか。

男性から女性に「乳首を舐めて欲しい」とお願いするのはなかなか勇気がいることで、少し恥ずかしさがあります。まだ、「フェラして。しゃぶって。」と言うほうが男らしくて気楽です。

そして、その恥ずかしさをこらえてお願いしても、舐めてくれない女性が少なくありません。これは彼女は奥さんでもそうです。舐めてくれたとしても、ほんの少しだけ、一舐め二舐めで終わってしまいます。それでは全然足りないのです。もっと丁寧に時間をかけてゆっくりと、時には激しく甘噛みするように、とにかくたくさん舐めてほしいのです。

いわゆるM性感的な風俗店でも、そこまでたっぷりと舐めてくれる女性は少ないですね。これではなんのために大金払ってるかわかりません。全身リップオプションがあるところでも怪しいです。本当に乳首舐め手コキが好きな男性は、乳首舐め手コキ専門店に行くのが正解ですね。彼女たちは違います、ガチでプロですから。丁寧にゆっくりと、こちらが悶えてしまうほどに乳首を舐め上げてくれますよ。

特に私が好きなのは、Tシャツを自分が着て、それを脱ぐ途中の顔がシャツで隠れて視界が遮られた状態で乳首を舐められることです。いつどこから舐められるかわからないというのが最高にゾクゾクします。考えただけで勃起してしまいますね。これをされると瞬間に勃起しますから、嬢から「ちんちん触ってないのに硬くなってる。変態」とか言われるともう我慢汁が溢れて破裂しそうになります。

そのあとも緩急をつけた手コキで、ゆっくりと寸止めされながら発射に導いてもらえます。生きてて良かったと感じる至福の時間ですね。

ローションを陰茎につけてもらうことが多いですが、個人的には唾液を垂らしてもらうほうがいやらしくて好きです。唾液のネチョネチョ感や臭い臭いがたまりません。